HOME > 部長 > 不燃化特区

不燃化特区
部長

2019年11月5日

東京都では木造密集区域が広範に分布しており、首都直下地震が発生した場合に地震火災など大きな被害が想定されています。このような木密地域のうち、
特に重点的・集中的に改善を図る地区を指定し、都と区が連携して不燃化を強力に推進して「燃え広がらない・燃えない」まちづくりを進める制度を「不燃化特区」としています。
不燃化特区では、老朽建築物の除却や建替え等、各区が推進している不燃化の取組に対し、支援を行っていきます。現在家づくりのお手伝いをさせていただいている足立区でも不燃化特区の助成があり主な内容は次の通りです。・老朽建築物の解体費用:最大210万円・不燃化建替え費用:最大280万円・固定資産税の減免:最長5年度分※助成対象区域は限られます。

首都直下地震など巨大地震がいつ起こってもおかしくない現在、東京都で建て替えなどで迷われている方は、是非行政のHPで助成対象かどうかご確認ください。

東京都ホームページ「不燃化特区の制度」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/mokumitu/seido.html