HOME > 家づくりへの想い > 高耐震への追求

高耐震への追求

耐震等級3という最高クラスの耐震基準を標準仕様としております。構造が確かで、安全で安心な住まいこそ大切な人を守る家といえます。

耐震等級3 (国内最高基準の耐震性)を全棟標準仕様

耐震等級3耐震等級とは、「住宅性能表示制度」で耐震基準を満たした住宅を等級で評価した制度です。耐震等級1は新耐震基準を満たすことを示し、耐震等級2はその1.25倍、耐震等級3は1.5倍の強度という意味です。DAISHUでは全棟、国内最高等級の『耐震等級3』の家をご提供しております。また、「耐震」とは、数百年に一回は起こりうる地震に対して倒壊、崩壊しない家。と定義されております。
想定する地震の揺れの強さは地域により異なりまが、東京を想定した場合、震度6強から7に相当し、関東大震災時の東京、阪神淡路大震災時の神戸で観測された地震の揺れに相当します。つまり、DAISHUの家は、全棟が計算上震度7相当に耐えられると認められ、さらに基準の1.5倍の強度がある家になります。

制振ダンパー evoltz(エヴォルツ) 世界最高品質~ビルシュタイン~

多くの制振装置は、各メーカーが行う実験において、ほとんど横揺れのみしか行っていません。縦揺れも考慮に入れ、小さな揺れから吸収(特許取得)し、何度も起こりうる余震にも効き(100万回の耐久実験) 、「共振を防ぐ」ということが制振装置「evoltz」の最大の特徴となっています。
世界の自動車メーカーがトップモデルのダンパーとして使用しているビルシュタイン社と開発したevoltzは、自動車などで利用されているショックアブソーバーの原理をベースにつくられた木造住宅用の制振装置で世界最高品質といっても過言ではありません。
制振ダンパー evoltz耐震「耐える」
建物そのものを硬く強くして地震の揺れに耐える建築
基準法の考え方(耐震等級)
免震「伝えない」
建物と地盤を切り離し、建物に直接揺れを伝えない構法。
費用が高く、制限も多い。
制振「吸収する」
制振装置を建物に装着し地震の際に発生する衝撃力(加速度)を吸収。制振ダンパーevoltz(エヴォルツ)は、地震の揺れを吸収し、地震の衝撃を最大1/2に軽減する事ができます。

高耐久ベタ基礎 家を支える確かな構造

基礎は「高耐久ベタ基礎」が標準となっています。「高耐久ベタ基礎」は、地盤に対して建物の荷重が均等に働きますので、不揃いに沈下を起こして、傾いてしまう心配もなくなります。また、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎なので、カビやシロアリ発生の原因となる床下の湿気対策になります。
高耐久ベタ基礎