HOME > スタッフブログ > 太陽光みなし認定手続き(再生可能エネルギー固定価格買取制度が 新しくなりました)

太陽光みなし認定手続き(再生可能エネルギー固定価格買取制度が 新しくなりました)
スタッフブログ

2017年8月21日

こんにちは、住宅アドバイザーの松野です。
今回は太陽光発電の売電(買い取り制度)について
お話ししたいと思います。

実は、平成29年4月1日から、
再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)が
新しくなりましたが、ご存知でしたか?

<以下、資源エネルギー庁からの抜粋>

新制度では、電力会社と系統接続について
同意を得ていることが認定の要件となります。
また、認定を取得した後も、適切な保守点検及び
維持管理の実施や発電終了時の設備の適切な廃棄、
資源エネルギー庁が定める事業計画策定ガイドライン
に沿った事業の実施などの義務が課され、長期安定的
に発電事業を実施していただくことが求められます。

これは、平成28年度までに認定を受けていた
設備設置者(売電開始済みの場合も含む)にも適用
され、上記のことをご認識いただき、適切に発電を
行っていただくことが求められます。

このため、平成28年度までに認定を受けていた
設備設置者におかれましては、電力会社との系統接続
に関することや保守点検及び維持管理等に関する遵守
事項への同意チェックを記載いただいた事業計画を
ご提出いただきますようお願いいたします。
———————————————————————
つまり、簡単に説明しますと、今まで太陽光発電を
設置していた発電事業者(事業用や一般住宅)も対象
(みなし認定)になっており、今年9月30日までに手
続きをしないと買い取り価格が失効するというものに
なっております。

DAISHUでは設置したお客様には既にご案内をし
ておりますが、個別で取付をされた方はお手続きの
確認をお願いいたします。あまりニュースに取り上げ
られないところですが、当社からのアナウンスは
しっかりとしていきますので、安心していただけた
らと思います。

※「みなし認定」とは、平成28年度までに旧制度での
認定を受け、新制度での認定を受けたものとみなされ
る場合、この「受けたものとみなされる」認定を、新
制度での新規認定と区別するために、「みなし認定」
といいます。

※但し例外もありますので、詳しくは資源エネルギー
庁のホームページをご覧ください。
→ 資源エネルギー庁のホームページ