HOME > スタッフ > 手形式でお祝い @市川市 

手形式でお祝い @市川市 
スタッフ

2018年11月20日

こんにちは、駒井です。
先日、G様邸が上棟いたしました。
心よりおめでとうございます。
元気いっぱい、G様ご家族の「手形式」ご紹介いたします。
※上棟の際、DAISHUではオリジナルセレモニー「手形式」でお祝いいたします。

【パパと一緒に・・・】
まずは建物の四隅の柱と土台を塩、米、酒で清めます。お塩、うまく盛れるかな・・・

【棟梁登場】
兄弟仲良く、お塩とお米を盛った後、棟梁がお酒で清めます。初めての体験に興味津々。

【手順を説明】
自らも2児の父、優しい?!建築士から手形を押す手順の説明がありました。皆、真剣なまなざしで。

【さあ、手形式の始まり】
まずは、お父様が手形板に名前をしたためます。
※手形板は一家族様ごと神前でお清めしていただいた天然木を使用しております。

【一番手!】
僕が最初!と、頼もしいお兄ちゃん。経験したことのない朱肉の感触に満面の笑顔です。

【朱肉ちゃんとついたかな】
うわー真っ赤!全部の指に朱肉ついたかな?みんなでまじまじと眺めます。

【次は私の番】
お兄ちゃんの手形の横には、妹さんの少し小さい手形が並びます。パパに手伝ってもらってしっかりしっかり・・・

【ご夫婦も仲良く協力】
ご夫婦も一緒に、指一本ずつ丁寧に。拝見しているスタッフの心までポカポカに。

【名前、おじいちゃんに書いてもらお!】
字がとても上手だから!とご家族に指名を受けたおじい様、それぞれの手形に名前を入れていきます。

【上棟に寄せる心・・・】

G様より、手作りのお赤飯をいただきました。青々とした南天の葉と、出来立ての湯気が一緒に閉じ込められているのを拝見し、胸が熱くなりました。あたたかいお心、本当にありがとうございました。とっても美味しかったです。

改めまして、上棟おめでとうございます。
スタッフ一同心を込めて建築してまいります。