HOME > 部長ブログ > 構造見学会後記

構造見学会後記
部長ブログ

2021年10月11日

10/10(日)お施主のご厚意により市川市内にて構造見学会を開催させていただきました。
見学会の開催にご協力いただきましたお施主様のO様、ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
今回も早々と定員となってしまい、残念ながら当日ご案内できなかった皆様には個別でご案内させていただいております。
見学会だけでは無く、建築中の現場をご覧になりたい方は、お気軽に「建築中の現場を見たい!」とご連絡ください。ご案内させていただきます。

10/7(金)の夜に千葉県北西部を震源とする最大震度5強、マグニチュード6.1の地震が発生した事も有り、ご来場いただいた皆様も構造に対する関心が更に大きくなられたようでした。2017年に政府の調査会より30年以内に「震度6弱以上」の地震が発生する確率として千葉市が85%と公表されており、大地震は起こるものとして考える事が必要です。微力ではございますが、大地震に備えて少しでも情報を発信できればと思っております。

さて、見学会場には随所にこだわりがあり、せっかくなのでご紹介させていただきます。


この階段は、お客様用に現場監督と大工さんで作った仮設の階段です。踏み板と側板は杉の荒板で、手摺も設置してあり、皆様安心して昇降していました。
本設と思われたお客様もいらっしゃいました(笑)


こちらは打合せスペースです。
お子様の遊び場も有り、お絵かきなどを楽しんでもらいました。


地鎮祭から始まる、工程写真の展示スペースです。
基礎のコンクリート供試体採取の写真などもあり、皆様興味津々でした。


こだわりの化粧梁が映える明るい2階のリビングです。
屋根断熱と、構造材の説明をさせていただきました。

最近は、多くの情報が取得できる環境にあるので、皆様質問のレベルが高いですね。
しかし情報を鵜呑みにせず、実際の現場を見て触りながら理解しようとされる皆様を見て、とても感動いたしました。
構造見学会は引き続き開催して参りますので、皆様、是非ものづくりのリアルな現場でお会いできれば幸いです。

この記事を書いた人

加藤正和

取締役部長