HOME > 工事ブログ > 漆喰の補修

漆喰の補修
工事ブログ

2021.03.22

皆様こんにちは、現場監督のトゥアンです。

DAISHUでは内装の仕上げに『自然素材:スペイン漆喰』を採用しております。
漆喰には高い調湿性能、臭気の吸着性能、ホルムアルデヒドなどの有害物質の分解性能、殺菌・防カビ効果があり、耐火性にも優れています。
有毒ガスを発生せず、天然素材で環境にやさしいのもメリットです。

その一方で、漆喰の塗り壁、天井にはクラック(割れ)が入ることがあります。
無垢材の化粧柱・梁+漆喰で施工した場合など、木材が乾燥などにより伸縮する事でクラックや隙間が現れます。
きれいに仕上がった漆喰の壁、天井に割れや隙間があると気になる方もいらっしゃると思いますが、簡単に隙間補修が可能です。

 

◇ 補修前、梁と漆喰の間に隙間があります。

 

◇ 職人さんが丁寧に補修を施します。

 

◇ 補修後、きれいに隙間がなくなりました。

 

今回も左官屋さんが丁寧に補修してくれて、きれいになりました。
お住まいになった時に、お気づきの箇所がありましたらご対応させていただきます。

DAISHUの自然素材:https://www.daishu.co.jp/omoi/shizensozai/

この記事を書いた人

ダオマイン トゥアン

住宅事業部・現場監督