HOME > リフォームブログ > マンションリノベーション工事③

マンションリノベーション工事③
リフォームブログ

2020年8月22日

こんにちは、現場管理の木村です。

前回に引き続き、工事を行わせていただきましたマンションのリノベーション工事をご紹介させていただきます。
今回は設備工事、左官工事です。

①間仕切り墨に合わせて設備業者さんが既存のコンクリート床上に給水、給湯、排水、ガスの配管をしてバンドで固定します。

 

②エアコンの業者さんとは天井壁面の配管経路を指示して、除湿ドレーンは微妙な勾配を確保して壁面に配管固定します。

 

③設備の配管が完了し、直床部(モルタルコンクリートに吸音フェルトを敷き、直に床仕上げ材を接着する部分)の下地モルタル左官工事を進めます。
既存の躯体床コンクリートは経年により間取り中央が数センチ下がっています。
左官業者がコンクリートに密着する様に下地処理剤を塗り、モルタルを付け送りして水平をとります。

 

④床面の下地と並行して現し(構造体剥き出し面が仕上げ)となる大梁の補修も進めてもらいました。

次回は間仕切り工事をご紹介させていただきます。

 

【完成した現場】

 

関連ブログ
▼マンションリノベーション工事▼
https://bit.ly/32A2LjD

▼マンションリノベーション工事②▼
https://bit.ly/3l56NXV