HOME > 社長ブログ > 二つの「ZEH」

二つの「ZEH」
社長ブログ

2016年4月16日

ZEHには二つの判定基準があります。 
<ZEHの基本を復習をされたい方はここをクリック願います!>

「ZEH家電込み」と「ZEH家電抜き」です。

経済産業省の「ZEH補助金制度」は後者の「ZEH家電抜き」で判定されます。

前者「ZEH家電込み」は究極のZEHといえます。

ちなみにZEHを達成していないものを「非ゼロエネルギー」と呼ぶそうです。

「ZEH」についての国のガイドラインは「2020年までに標準的な新築住宅でZEH化を実現」「2030年までに新築住宅の平均でZEH化を実現する」としています。

そのような流れの中でZEHでは20%の省エネが最初のハードルになるとされています。
情報源

積水ハイムさんの調査結果ですが、「究極のZEH」を達成している比率は既に17%もあるそうです。
何よりも凄いのが「非ゼロエネルギー」を含めた調査対象全体では、年間の電力消費量は8,123 kWh/年。これに対して、「ZEH(家電込み)」5,482 kWh/年と、なんと3割以上も少なくなっています。<情報源