HOME > スタッフブログ > 上棟 ~市川市の現場~

上棟 ~市川市の現場~
スタッフブログ

2017年6月30日

こんにちは、住宅アシスタント桃井です。
先日、梅雨の合間に市川の現場で上棟が行なわれました。
予報では雨でしたが、当日は曇りになり無事上棟を迎えることができました。

上棟とは・・・
木造建築で柱や梁などを組み立てて、屋根の一番上の部材である棟木を取り付ける時のこと。
「棟上げ(むねあげ)」「建方(たてかた)」「建前(たてまえ)」とも言う。
1日で基礎の状態から家の骨組を作り上げる作業は圧巻です。

◇トラックや重機を入れての作業になりますので ご近隣の方へご迷惑がないよう警備もしっかり

◆1階部分を組み立てます。

◆荘司大工

荘司さんの大工の想いは、動画ページをご覧ください。
https://www.daishu.co.jp/video/

◆現場監督も細心の注意をはらって確認しております。

◆午前中で二階部分の床まで貼りおわりました。

◆ニ階部分は資材を運ぶのも大変です

◆あと少しで組立完了

◆弊串を立てて本日の作業は終了です。
弊串は、一番高い棟木 (屋根の一番高いところ)に立てます。
その後も屋根裏に収めて保存されます。

◆翌日には養生シートをはって、屋根工事、内部工事と外装工事と続きます。

※別の日…大工、監督、営業でミーティング中

また、進捗ご報告いたします。