HOME > 社長ブログ > 「窓」後進国の日本⁉️

「窓」後進国の日本⁉️
社長ブログ

2016年3月3日

日本の住宅
「夏暑く」「冬寒い」

その原因の一つが「窓」
ご存知でしたか?

この事がガチガチのアイスクリームが食べられる魔法のスプーンの事から学べます。
ユーチューブ映像

さて、何故ガチガチのアイスクリームがこのスプーンだと溶けるのか?

答えは「魔法のスプーン(アルミ製)」の驚異的な熱伝導率にあります。
image
樹脂や木材に比べアルミは1000倍も熱を伝えやすいのです。アルミの鍋には必ず樹脂や木の取手が付いています。無ければ大やけどです。

幸い、ここ10年での省エネサッシ導入には目覚しいものがあります。省エネサッシ導入は簡単に言えばアルミのスプーンを樹脂のスプーンに替えたという事です。(詳細説明)

でも我々世代では、まだまだアルミサッシの家に住んでいる人が多いのではないでしょうか?

自宅のサッシを寒い日の朝触ってみて下さい。
アルミサッシの家は、夏は家中が「やけど状態」。冬は「アナと雪の女王」の如く氷に閉ざされた世界です。

image
日本では、窓の断熱性能の義務基準がありません。おとなり中国をはじめ先進国ではしっかりと基準があります。(参考:暑さの7割寒さの6割は窓が原因なのに、日本の窓は中国の最低基準以下 という窓後進国です!)

冬暖かく夏涼しい家への第一歩。
リフォームは「先ずサッシ交換」
新築は「高性能樹脂サッシ」
絶対に忘れないで下さい。