HOME > 社長ブログ > 日本の窓

日本の窓
社長ブログ

2016年3月4日

窓ネタを、もう少し。

窓の性能の国際競争。

世界の国々は1.0~2.0という数値の性能競争をしています。日本では4.65という性能の窓が2015年の省エネポイント対象製品という状況です。

2015年には、ドイツがU値0.9以下、中国も2.0以下、韓国では推奨基準として1.6以下となっています。日本の推奨基準が4.07以下なので極めて低い。(Ⅳ地域東京・千葉・埼玉など/アルミ+Low-eガラス)
全くの後進国です!

次の4ヶ国の比較
日本の位置が一網瞭然。
image

窓の構造・素材による熱の伝わり方。
古い窓は風が入らないというだけ?
image

ある窓メーカーさんの製品比較ですが、一番右の「壁」の数値に注目して下さい。断熱を考えた壁なら更に良い数値になります。
image

次はサッシ素材構造の違いによる価格の違いを示しています。間違えないでほしいのは、家全体の莫大な投資額に比較して、窓にかける総額は少額です。暖かく涼しい家には先ず窓を考えるは基本中の基本です!
image

国際比較のクイズ
さて日本は何番目か?
ここまで読まれた方は即答ですね!
image

最後まで読んで頂いた真面目なあなた!
新聞記事でまとめ!
これであなたは窓のセミプロ⁉️
image