HOME > 社長ブログ > カビの先生

カビの先生
社長ブログ

2017年2月1日

<シリーズの輪読は1回お休みです>

矢口貴志先生。

kin_kabi

たまたま先週お会いして歓談したのでご紹介します。
矢口先生は「世界一受けたい授業」に2011年から昨年まで毎年登場しています。

毎年、梅雨の時期には必須の授業なんですね!

<皆さんに質問>

Q:きれいに掃除しているにもかかわらず「カビ」の危険がある場所第一位は?

Q:小学生や中学生といった子供達の普段、学校で使っているあるモノは実は深刻なカビ汚染の可能性があります。それは一体なんでしょうか?

はい、答えの分からない方は次のリンクから、勉強をして下さい。

2011.5.21. 梅雨に忍び寄る恐怖のカビ!・・・

2014.5.31 病はカビから!・・・

2015.5.16. 梅雨に忍び寄るカビ汚染!・・・

2016.6.11. 梅雨に忍び寄る「カビ」汚染2016

おわり

 

<矢口先生のプロフィール>
矢口 貴志 先生 【理科】 1961年生まれ。 早稲田大学理工学部応用化学科卒業。 明治製菓(株)を経て現千葉大学真菌医学研究センター准教授に就任。 生活環境のカビとくに病原性のカビを専門に研究している。 ※先生の肩書きは「世界一受けたい授業」出演当時のもの。

実は矢口先生と私は同じ中学・高校の同窓です。
私が8つ年上です。そして同じ運動部に所属しておりました。OB会で定期的にお会いしております。