HOME > スタッフブログ > 家庭用太陽光発電システムについて

家庭用太陽光発電システムについて
スタッフブログ

2022.02.25

こんにちは、住宅事業部(設計)の黒沼です。

家庭用太陽光発電システムについてお話しさせて頂きます。

太陽光発電とは太陽光を太陽光電池を用いて直接的に電力へ変換する発電方式で、再生可能エネルギーの利用方法の一つであり、カーボンニュートラルへの取り組みとしても近年注目を集めている発電システムです。
太陽光発電システムを導入する一番のメリットとしては日常生活の光熱費の削減、そして自然災害等による非常時の電力対応の2点が代表的に挙げられます。
特に日常生活における電力消費量については新型コロナウイルスの影響によるテレワークの普及と共に各家庭への光熱費の自己負担額が高騰していることが統計データにて立証されています。

また今後の動きとしても再エネ賦課金の高騰と併せて電気使用料金の価格は年々上昇することが予想され、ますます光熱費の上昇は避けては通れない社会課題となっています。
※再エネ賦課金とは再生エネルギーを普及・促進するために電気使用者(各ご家庭)が負担する費用です。再エネ賦課金は毎月の電力使用量によって金額が変動しますので電気の使用量を抑えることが光熱費の削減には必要となってきます。

昨今の目まぐるしく変動する社会情勢のなか、自然エネルギーを活用することで光熱費のコスト削減や不測の事態にも備えることができる太陽光発電システムも建物と併せてご検討頂けたらと思います。
弊社では太陽光発電を設置した際の導入シュミレーションによる居住後のランニングコストもご提案させて頂きますので新築住宅をこれからご検討中の方もお気軽にお問合せください。

この記事を書いた人

黒沼 遼

住宅事業部・設計